本山秀樹

記事一覧(40)

自立とは?矢沢永吉が教えてくれた

自立ってなんだ?答えは矢沢永吉が書いている(「アー・ユー・ハッピー?」角川書店)「大事なのは自立ですよ。自立なんですよ。自立ってのは何か。自立していれば、堂々としていられる。何でも言える。大事なのは自立だ。」さて、僕は自立しているのだろうか?生活に至っては、自分の手で飯を食い自分の足で立っている。誰に何を言われても負い目は無いし、自分のやっていることに自信はある。恥ずかしいことは何もない。堂々としていられる。ただ矢沢永吉の言う「自立」の「何でも言える」という部分・・・それだけが当てはまらない。その理由は今いる場所が自分の生まれ育った場所ではなく、いわゆるawayアウェイ。そのアウェイでよそ者が商売をするということはどういうことか(都市部ではほぼみんなアウェイだから、これは地方の話)。ここは自分にとって親兄弟、親類縁者、幼馴染、同級生、先輩後輩、友人誰もいない土地しかも地方都市の、それもかなり田舎と呼べる土地そこでは「嫌われたらおしまい」「何かあっても最後はだれも助けてくれない」その不安と、よそ者の悔しさは常に付きまとう。悔しくて悔しくてハラワタガニエクリカエルような時でも言ってはいけない言葉をグッと飲み込むシーンが何度もある。「そんなこと商売人なら当たり前だろ」と言われるかもしれないけれど、その当たり前のレベルが違うということを理解してもらうのは難しいたぶん地元の人同士なら平気で言い返せるようなことでもここで商売を続けていく覚悟があるのならグッと飲み込まなければいけない。だから「何でも言える」は僕には当てはまらない。でもほんと、人間大事なのは健康と自立です。自分の足で社会に立つことですね。あとこのアウェイで楽園珈琲を買ってくれる大切な大切なお客様全国からコーヒーを注文してくれるお客様お客様のおかげで自立していられます!本当にありがとうございます。結論自立とは、自分の力で飯食っていける社会人の姿だよ!

どもりの話

朝の通勤車で聴くAMラジオ(NBC長崎放送)たまたま武田鉄矢が『吃音(どもり)』について話してたので、1年くらい前に書いた僕のブログ記事をリンクしておきます『どもっちゃう人へ』センシティブな話題を公共の電波で取り扱ってもらって、とても有り難いんだけどやはり『どもらない人』にはこの辛さは分からないんだなって感じでした番組の中で武田鉄矢氏は『大人になると治る人も多い』って言ってたけど、それは違う成長するにつれて、ごまかし方を体得していくというのが正しい大人になってから一度だけ、どもる事で仕事上どんなに苦労しているかを親に話した事がある親の答えは『それで殺される訳でも無いんだから大した事じゃ無い』と・・・多分気にするなって言いたいんだろうけど(あぁやっぱり親にも分かってはもらえない)と2度と親に相談はしないと決めた実際にどもりを苦に自殺する人も多いそれほどまでに切ないものなんだということを最も近い肉親でさえ理解していないのが現実無邪気な子供の頃とは違い、大人になってからのどもりは自分自身へのダメージが大きいその結果、仕事が続かなかったり、重症になると言葉が全く出なくなったり、引きこもったり・・・当事者じゃないとこの辛さは理解できないと思う医者もカウンセラーも治してはくれない結局自分自身で結論を出すしかない(障害ってそういうもんだよね)人前で話せないなら人前に出なくてよい仕事を電話に出れないなら電話に出なくてよい仕事を自分が少しでも楽に生きることができる仕事を選べばいい僕の場合「どもり」「円形脱毛(多発性)によるスキンヘッド」「クローン病」という全て現代医学でも原因不明の障害に悩まされ続けているこれらの障害によって、自衛隊を辞め、整備士を辞め、現在は自営業者になった少しでもストレスを減らし楽に生きていくための自衛の過程のような気がする最後に番組で聴いた中に、あの「マリリンモンロー」もどもる人だったらしいあの吐息交じりの色っぽい話し方も、セリフをどもらないように話すためだったというみんなそれぞれ自分なりの解決策を導き出して一生懸命生きている障害は決して恥ずかしいことではないでもその障害があるために、まだまだ社会的制約が多いというのも事実でありバリアフリーの世の中にはまだまだ程遠いと改めて思った番組でした武田さんありがとう

政府専用機のこと

1999年から2003年にかけて、政府専用機の部隊の整備部門で勤務してました政府専用機は航空自衛隊が運用していて、その部隊は北海道の千歳空港にあります機体は2機、任務運航時は陛下や総理が搭乗する機体が任務機、そして万が一のために予備機としてもう1機がついて回ることになりますコールサインは通常の訓練では『シグナス(白鳥)』ですが、羽田で総理が乗機すると『Japanese AIRFORCE ONE(ジャパニーズ エアフォース ワン)』になりますそして離着陸の優先順位も1番になるので、羽田空港の離陸順番待ちの飛行機大渋滞をぶっちぎって一番先頭に横入りする時は快感です(笑)運航に関わる乗務員は全て航空自衛官(パイロット、客室乗務員、整備、通信、警備)任務運航の際には、総理夫妻、随行員、SP、メデイアの記者が搭乗します寄港する各国の空港には日本航空(JAL)のスタッフが先行していて、運航に関わるほぼ全ての業務の準備を完璧に整えてくれているので安心して任務遂行に専念できました日本航空の全世界へのネットワークのすごさを実感した次第です今後あの業務を全日空がやる事になるんですね・・・公用パスポートの入国のハンコを数えると21か国に入国したことになっています(それでも隊員としては少ないほう)が、整備は到着してからが仕事なので空港とホテルの往復のみという国も多く、ホテルでシャワー浴びただけの国や、時には機体に泊まりこみの空港もあった(極寒の空港で屋外駐機の場合、機内の水タンクが凍る可能性があるので機体を温め続けなければならない)りして、ちゃんとその国に訪れたという感じがしない国も多々ありますねまぁとにかくいろんな経験をさせてもらいました総理の海外訪問の情報は正規ルートよりもTVニュースや日本航空からの方が早かったりします・・・所詮日本の危機管理はそんなものですメカニックとしての危機管理とセンスも養われますこのトラブルで機体を飛ばせるのか?飛ばせないのか?寄港地では時に究極の選択を迫られます特に出発前は秒単位で時間管理されるので悩む時間はありませんトラブルの際に急遽機内で開かれる会議では全員の視線が自分に集まります冷静に頭の中で知識と経験をフル動員して整備サイドとしての判断を意見具申する必要があります(最終決定は指揮官がします)国務が無事に遂行されるかどうかに関わるので重大?な感じがしますが、そんな気持ちはほぼ感じなくて、ただメカニックとして機体の安全のみを判断することに集中していました全て良い経験でしたそして政府専用機を最後に自衛隊を辞めて心底メカニックとして飛行機だけに向き合うために長崎にあるパイロット養成校であった「エアフライトジャパン」(のちに日本航空の事実上の倒産により同社も倒産)へ入社して、セスナ172に始まる小型機の世界にどっぷりとハマっていくのでした戦後まもなくならともかく、今の時代で「戦闘機」「大型旅客機」「小型旅客機(ターボプロップ)」「レシプロ(ピストンエンジン)小型機」と、グライダーやヘリコプタ以外の航空機ほぼ全ての整備経験のあるメカニックは国内で自分だけではないかと思います・・・たぶんついにB747の政府専用機が退役しましたまた新しい機体で新しい歴史が始まりますこれからも事故無く、淡々と安全運航で任務を遂行されることでしょういつの日か誰かが思い出話を本にする日も近いのではないかと思います政府専用機に関する数々の裏話は、ここで書くことができませんので直接私に聞いてくださいね

欲しいものは自分で作れ

『欲しいものは自分で作りなさい。それがめんどくさいなら、そんなに欲しくは無いということ』昔、『北の国から』で教えてもらったセリフ文面が正しいかは定かでないけど、ニュアンスはこの通り世の中お金で解決することが多いお金さえあれば大抵のものは手に入るただ誰もがみんな必要十分なお金があるわけでもないならば欲しいものは自分で作るしか無いでしょ『北の国から』の黒板五郎は全て自分で作った電気も作ったテレビの中の話ではあるけど『無けりゃ作ればいい』のスピリットは自分の中にもある自分の知恵と自分の時間を使うのだ『楽園珈琲』無から始まった本当に何も無かった口にするのも恥ずかしいマイナスからのような気もするカリタのドリッパー、カリタの手挽きのミル、ホーローのドリップポット樫炭とバーベキューコンロと銀杏網無いものは作ったり頂いたりしてきたそれでも無いものは、自分達の時間を費やしてカタチにしてきたそして本気でやってると必ず誰かが助けてくれるのが世の中の不思議『何でも出来るから良いねぇ』とよく言われる『やるしか無いんですよ』と必ず答える謙遜でも何でも無く、それが真意だからやるしかない誰もやってくれないんだから身体が動く限りは、やるしかないんです欲しかったら作るしかないんです作るのがめんどくさかったら、それはそんなに欲しいものではないということなんですまさに真意ですただ、車が欲しくても車は一から作れないならば欲しい車が買えるだけの対価のものを作って売って、お金を作るんですそれができなければその車は諦める実はそんなに欲しくないはずだから全てにおいてまだまだの楽園珈琲これからも身の丈を知り、少しずつでも進歩していこうと思う昔のブログを読み返して、あの頃のスピリットを少し思い出しましたブログって良いなぁ10年前のブログ→ Tough &  Laugh

コーヒーフロートってなんだ?

今年のGWに一番多く注文を受けたメニューは『コーヒーフロート』驚いた・・・ウチのドリンクメニューで最も高価な商品実はコーヒーフロートは開店当初のメニューには無かったなぜなら僕ら二人共、人生でコーヒーフロートというものをお店で頼んだことが無く、コーヒーフロートの美味しさが理解できなかったから氷とアイスクリームのダブルパンチでコーヒーがどんどん薄まって最後は水みたいになるのがとても嫌でそれならクラッシュしたコーヒーゼリーの上にアイス乗せた方が100倍美味しいと思う(もはやコーヒーフロートではないけど)ところが、オープン後の夏の暑い日にお客様からコーヒーフロートのリクエストがあり急きょマンデリンのアイスコーヒーにアフォガート用のバニラアイスを浮かべることにそれが好評だったのでメニューの仲間入りになったわけだ夏場に時々注文がある程度の商品だったが、今年のGWは違った・・・ウチのコーヒーフロートはとにかく豪快!深煎りのマンデリンを使っていつもの2.5倍の量の豆で濃〜くドリップし、大きなメイソンジャーにLサイズのバニラアイスをその姿の8割は液面から出るくらい大量の氷の上に浮かべる(乗せると言った表現が適切)とにかくコーヒーが薄まるのが嫌なので濃い〜コーヒーを淹れるわけだけど、それでもアイスが溶けるに従ってかなり水っぽくなってしまうし、最後はもはやコーヒーではない問題はお客様がどういうアプローチでコーヒーフロートを召し上がるのかが分からないので、もし最初にコーヒーから飲んだとしてもアイスコーヒーとして成立しないと(濃過ぎて飲めたもんじゃない!なんてことにならない様に)コーヒー屋として納得がいかないしかしその濃さ(アイスコーヒーとして美味しい濃さ)で出すと最後は間違いなく水のような薄さになるのだ・・・そのジレンマと戦いながら、この連休中コーヒーフロートをサーブし続けたわけだけど・・・悩んだ挙句、試行錯誤した挙句、トライアンドエラーで冷たいもの飲み過ぎてお腹壊した挙句、コーヒーフロートのレシピを変えます!・カップは小さく(一番小さなグラスで)・コーヒーはエスプレッソで(ストレートだとアフォガートになるので水で少し薄める)・最初にコーヒーだけ飲んでもパンチの効いたアイスコーヒーとして成立する・アイスが溶けて最終的にはカフェラテのような味わいになるようにそんなコーヒーフロートに変わりましたあの・・・かなり美味いです大人のコーヒーフロートになりました明日からご提供致しますうーむ、しかしコーヒーフロートって一体・・・なんなんだ(笑笑)?

休日には遊びたい人に向いてない職業

『休みの日には絶対遊びたい!』タイプの人は飲食の自営業はやらないほうがいいと思いますサラリーマン時代例えば週末しか営業してない飲食店でしかも繁盛店だったら(あぁ、営業日はガッツリ働いて、休みはガッツリ休めて、メリハリのある幸せな働き方だなぁ)と憧れていましたサラリーマンという生活しか知らない自分の観察力では、自営業の水面から出ている華やかな部分だけしか見えてなかったわけです現実はどうでしょうか?週末しかやらない繁盛店の定休日である平日は食材探しや仕込み、店内外の清掃、取引先への訪問や配達や集金、銀行回り、いろんな告知や新しいメニューの開発etc。。。全ては週末の営業に向けての準備期間なんですね(当たり前ですが)決して休んではいないんです私たちが客として見ている飲食店(個人)の姿は氷山の一角に過ぎないんですねしかし中には、ある期間死に物狂いで働いてしっかり稼いでから、長期間休んで旅に出たりと、自らのライフスタイルを築いている方もいますその店のお客様もそういう営業スタイルを理解し、時には憧れをもって応援しているという素敵な店もあります本来自営業をやるならばそんな店づくり(人から憧れをもって見られる)を目指すべきなんでしょうね!「自営業は辛いんだよ・・・休みも休みじゃないんだよ・・・」なんて周囲に話してたら、な~んか夢も希望も無くなっちゃいますもん(笑)ただやはり家族経営の個人商店は、休みだからって休んでいられることは難しいのも事実そんな毎日の中で、ちょっとだけ空いた時間にスパッと気持ちを切り替えて、集中して遊べるような、それで満足!を感じられるような人は自営業向いてるかもです宮崎の高鍋に「OHANA」というBARがありました楽園珈琲の名付け親である女性のご主人が経営されていたBARです彼はサーファーで、プロになるために昼間はサーフィンをして夜は遅くまで自分の店を営業・・・そんな生活を何年も必死で頑張り、日本各地で開催されるプロの試合に出場して勝ち進み、見事にプロ資格を取得しましたサラリーマン的思考回路で想像したら、昼間は自分の時間だし休みも自由だから日本中の試合にも行ける、酒を出す店は稼げるしいい仕事だよなぁ、となりますそうでしょうか?彼は現在はBARをスパッとやめて立派なサラリーマンです素晴らしいと思います若くて気力体力共に充実した時代に頑張ったから成し遂げられた休みの日には遊びたい!という人は会社を辞める前にもう一度考え直したほうがいいかもですよ(笑)

続・ブレンドの無いコーヒー屋なんて

前回からの続きコーヒーが飲みたくなってコーヒー屋さんに入ってみたら様々な国の様々な農園の名前が書いたラベルが貼ってある瓶がズラリ並んでいる・・・え~どれにしようか・・・お店の看板ブレンドも置いてないそんな時のために自分の好きなコーヒーの国名を一つ持っておくといい僕の場合はエチオピア 大好きで焙煎も一番気を遣う豆だところがエチオピアにもいろんな銘柄があるし、プロセスにもナチュラルやウォッシュドがあるもうそうなると、ただ美味しいホットコーヒーが飲みたいだけでお店に入ったコーヒーラバーは意気消沈・・・(もしくは嬉しくなってテンション上がるかも)そんなお客様にも優しいのがブレンドの存在なのかもしれませんつまりブレンドは、作る側の独創性も楽しめるが、どちらかといえばお客様の要望に寄り添うカタチのコーヒーになるのかなクリスマスやバレンタインなど季節ものは特にそういった指向にあると思うところがだ(いよいよ本題、クライマックス!)ブレンドの無い(ブレンドを作らない)コーヒー屋さんは、そういう惑いがないから全くもってブレないとにかく自分の舌の記憶と嗜好と知識に従って、お客様に飲んでいただきたい美味しいコーヒー豆のラインナップを揃える事につき進めるのだ自分の知る限りのコーヒー屋さんを思い浮かべると、ブレンドを作ってないコーヒー屋さんはどことなく孤高で、お客様に過度に寄り添わず良い距離を保ちながら、自分の好きなやり方を変えずに(全くブレもなく)お店を経営している人が多い気がする・・・僕のコーヒーの師である「珈琲けやき」にもブレンドは無いマスターのそのブレないスタイルはいつまで経ってもカッコいい!んだこれがまたつまりのところどちらがどうとかの正解は無くお客様にとっての選択肢が増えることは良いことでそれぞれがプライドを持ってやってることに誰かが口出しできるわけがないまったく、ブレンドの無いコーヒー屋なんて・・・ブレンド好きな僕にはあり得ないという話(笑)

ブレンドの無いコーヒー屋なんて

自家焙煎珈琲の看板をあげて、ブレンドを作らないという選択肢は僕には有り得ないブレンドを作るには、ブレンドする豆のキャラクター(特徴)が自分の舌(脳)の記憶にインプットされてなければならないブレンドを作る時僕が一番大事にするのは味の階層(3次元の味を目指す)まずはどんな味にしたいかを考える次にその味にするにはどの豆を使えばいいかを考える最後はそれぞれの豆の比率(分量)舌の記憶の引き出しが多いほど豆の選択肢は増えてブレンドも3次元の奥深いものになってくる数多くの豆を使えば深みは増すかと思えば全く違う2〜3種類で決めるのが僕のやり方例えば、知らない店に行くときは、その店の名前がついた冠(看板)ブレンドがあればそれをオーダーするといいその店の味(方向性)というものがわかるそして冠ブレンドは他の豆よりもお得な価格になっているはずだ(自信があるし、まず飲んでもらいたいから)ウチの場合は楽園ブレンドがそれに当たる楽園ブレンドは私達自身と思ってもらっていいくらいこれが好みに合わなかったら私達とも合わないはずだからごめんなさいってそれくらいの想いを込めて楽園ブレンドは作ってます楽園珈琲の入口は楽園ブレンドですねだからブレンドの無いコーヒー屋さんの入口は分かりづらい・・・そんな時どうするか?また次回に!